生活費、税金や健康保険料の支払いに

生活費の足しにカードローンを利用

生活費が少し足りなくなってしまい銀行のローンカードを使いお金を借りた事があります。正直、当時は夫の仕事がうまくいかず、簡単に生活レベルを落とせなかったことと、昨年までの収入で税金や健康保険料が高かったことで生活費が不足しました。税金はまったなしですし、国民健康保険はかけていないと病気になって困ってしまうし、子供も小さく保育料が高かったりもしました。私は、裕福な家庭に育ち苦労をしたこともなく、夫も自営業で景気も良かったのですが時代の波には勝てませんでした。情けない気持ちと子供を育てなくてはいけない気持ち、自分自身のプライドもありました。私も働きはじめ夫婦二人で必死に頑張りました。わずかでもお金を借りるということがプレッシャーになりました。

 

1度でも助けられたことはありがたい

カードローンでお金をかりましたが、私の場合、一度きりでした。でも、当時は銀行の勧めでいやいや作ったカードが役に立つとは思いもよりませんでした。しかし、金利は高くなかなか思うように一度には返済ができませんでした。月ごとに5,000円ずつの返済になっていましたので、2年近く返済にはかかってしまいました。お金を貸すな借りるなが親から言われていたことでしたので、そのプレッシャーは大きかったです。けれど一度でも助けられたことはありがたかったです。

 

身の丈を考え返済を考えることが大切

本来なら、借金はしないほうが良いと誰もが思うでしょうが、実際は車や住宅のローンを抱えている人は多いと思います。借りることは悪いことではありませんが、返済についての確かな見通しを立てる必要があると思います。月にどれくらい生活にお金が必要で借りた場合はどれくらいの返済になるとかを、計算してから借りたほうが良いと思います。自転車操業になり苦しむ人も多いとTVなどで聞きますが、そのようなことの無いよう身の丈を考え返済を考えてみたほうが良いでしょう。

 

引越しでお金が必要になった時に利用

引越しでカードローンを利用しました

私がカードローンでお金を借りたのは、引っ越しの時です。
当時、様々な事情で出産を機に引っ越す事となりましたが、出産準備や出産費用に多くのお金が必要な時期でしたので、引っ越しの為のお金を余裕を持って準備する事が出来ず、カードローンを利用しました。
引っ越しする為のお金は不足分を20万円ほど借りましたが、お金の不安を抱える事無く無事に出産前に引っ越す事が出来ました。
その後、当時予定していたよりも出産準備や出産費用にお金がかかり、カードローンを利用していなければ本当に困っていたと思います。
親や兄弟に援助をお願いする事も考えましたが、自分の責任において融資を受け計画的に返済する事が出来たので、カードローンを利用して良かったと思っています。

 

お金を借りたカードローン会社は銀行系でした

カードローンでお金を借りるまでは、借金すると言う事の不安感や怖さがとても大きかったのですが、実際、困った時に必要な額のお金を借りる事が出来たので本当に助かりました。
私がお金を借りたカードローン会社は銀行系でしたし、支払い方法や金利等もしっかりとしていたので、お金を借りた後も不安に感じる事無く、計画的に返済する事が出来ました。
カードローンを上手に利用する事で、思わぬ出費に備える事が出来たり、家計のやりくりの助けになってくれると思うので、それまでのカードローンに対するイメージが随分と変わりました。

 

返済計画がある上の利用なら心強い味方

消費税の増税や物価の上昇等、先行きが不安な世の中で、思いがけずお金が必要になってしまったり、家計のやりくりが大変になってしまったりと言う事があるかと思います。
消費者金融やカードローンでお金を借りると言う事は、利用した事のない人にとってあまり良いイメージがないかもしれません。
しかし、しっかりとした金融会社やローン会社を選ぶ事で不安感もなくなりますし、計画的に融資を受けたり返済をする事で、
不意な出費に備えたり家計の助けになってくれます。
返済計画やビジョンを持った上での利用なら、消費者金融やカードローンは心強い味方となってくれると思います。

いっぱいあるカードローン会社 どこを選べばいいの?

いっぱいあるカードローンの会社が異なれば多少なりとも違うところがあったとしても、カードローンの会社としては決められたとおりの審査条件にしたがって、申込んだ金額について即日融資で処理することが適当であるかどうか慎重に確認しているのです。
借入の審査は、カードローンを取り扱っている会社が健全な業務のために加盟している信用情報機関(JICC)で、申込んだ本人の融資などに関する実績及び評価などを確認しています。もしもキャッシングを利用して融資を実行してほしいときは、先に審査で認められなければいけません。

続きを読む>>